名古屋で磁気刺激による尿失禁の治療は|伊藤しあわせクリニック

052-823-4122

診療案内

ホーム > 診療案内

磁気刺激装置による尿失禁治療(自費診療)

尿失禁について、病気としての説明や治療法・対策については、『尿失禁の診断と治療』のところで詳しくお話ししました。まず病気自体のお話は是非そちらをご覧ください。色々な文献・報告がありますが、60歳以上の3分の2以上の方々で、なんらかの下部尿路症状を有しているようです。

下部尿路症状というのは色々ありますが、主に頻尿(おしっこが近い)、尿意切迫感(急に強い尿意が起こる)、尿失禁(おしっこが漏れてしまう)というものです。

当院では、下部尿路症状の中でも過活動膀胱による尿失禁(強い尿意が急に出てきてオシッコを漏らしてしまう人)に対する
磁気治療器を、平成26年12月に東海地方で初めて導入し、より高度な治療を行えるようにしました。(当院が旧称の伊藤産婦人科の頃から導入しています。)

要点をまとめますと、

  • 磁気で骨盤底の神経を刺激して尿失禁の治療効果を示すものです。磁気刺激療法と言います。
  • この装置は着衣のままで装置に腰掛けていただくだけで済み、簡単です。以前から尿失禁に干渉低周波療法(電気刺激療法の一種)というものがありましたが、素肌に電極を装着せねばなりませんでした。
  • 文献によると、1週間当たりの平均尿失禁回数が有意に低下し、1日あたりの平均の尿意切迫感の回数が有意に減少し、1回平均排尿量も有意に増加しました。(Yamanishi T, et al. Multicenter, randomized, sham-controlled study on the efficacyof magnetic stimulation for women with urgency urinary incontinence. Int. J. Urol. 2014; 21: 395-400 )
  • 尿失禁を感じている方は中年以降の女性にはかなり多いので、そうした方々の治療に福音をもたらすと思います。
  • 男性はこの装置の適応ではありませんが、院長が試しに着座してみました。磁気刺激によって骨盤底の筋肉がかなり収縮しました。なかなか驚きの体験でした。

 

この診療は、これを1週間当たり2回×6週間(つまり12回)行います。
一回あたり500円程度ですので、お気軽にお申し込みください。

ご予約はインターネット予約が便利です>>>

 

診療時間

受付時間 日祝
9:00~12:30 / /
12:30~13:30 / ●1 / / / / /
13:30~15:00 / ●2 / / / / /
16:00~18:30 / / /

1:予防接種受付時間(第一、第二、第三の火曜日) 午後 12:30〜13:30

2:発育診療受付時間(第一、第二、第三の火曜日) 午後 13:30〜15:30

ページトップへ