小児科(乳幼児)の予防接種

予防接種は痘瘡の根絶やポリオの制圧など多くの疾病の流行の防止に大きな成果をあげてきました。日本の子ども(小児)の予防接種はヒブワクチンや小児肺炎球菌ワクチンが採用された頃から現在までの間に急激に数が増えて、欧米諸国に追いつきつつあります。当院でもその頃から当院で出生したお子様に対して予防接種を開始し、実績を積んできました。

小児科(乳幼児)予防接種の種類

小児予防接種には定期接種と任意接種があります。定期接種は予防接種法によって決められます。定期接種は無料で接種出来ます。定期接種はヒブワクチン・小児肺炎球菌・四種混合ワクチン・B型肝炎ワクチン・BCG・麻しん風しん(MR)ワクチン・水痘(みずぼうそう)・日本脳炎です。

小児科(乳幼児)の予防接種スケジュール

子ども(小児)の予防接種の数が増えたので、予定通りに終わらせるためには、同時接種(一度に何種類ものワクチンを接種すること)が必要になっています。また、スケジュールの設定が大変難しくなっています。当院では予防接種に来院されるお子様一人一人にスケジュール表を作成しています。このスケジュール表は名古屋市の指定するBCG接種の日程(3か月健診と兼ねる日程です)も含めて小学校入学前までの予防接種のスケジュールを網羅しています。このスケジュールに沿っておけば間違いないと自負しています。ちょっとこのスケジュール表の自慢をさせていただくと、生年月日と保健所の指定するBCGの日程を入力すればスケジュールが出来上がるという手前みそではありますが、優れモノなのです。院長がスケジュール表を作る仕組みを開発しました。しかし、保健所でのBCGの接種は2019年9月末までで終了となったことにより、BCGも個別接種(当院で接種する)になったので、BCG個別接種のスケジュール表ができるように変更しています。

小児科(乳幼児)ワクチンの種類と接種間隔

予納接種に使用する薬剤がワクチンです。ワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあります。生ワクチンは病原体を限りなく弱くした(弱毒化した)細菌やウイルスそのものが利用されます。不活化ワクチンには病原体をホルマリンで不活化したワクチンと、病原体が産生する毒素を不活化したトキソイドがあります。生ワクチンは接種後27日間の間隔がないと次の予防接種ができません。不活化ワクチンは6日間の間隔があれば他の予防接種ができます。

小児科(乳幼児)の予防接種(生後2ヶ月〜1歳まで)にはどんなものがあるの?

「予防接種が必要な病気の説明」について詳しく見る>>>

 

予防接種は生後2か月から始まります。
接種するワクチンは、ヒブワクチン、小児肺炎球菌、ロタウイルス、B型肝炎ウイルス、四種混合ワクチン、BCGです。

小児科(乳幼児)の予防接種はどんなスケジュールで進めるの?

2か月の予防接種

ヒブワクチン・小児肺炎球菌・ロタウイルス・B型肝炎・四種混合 1回目

3か月の予防接種

ヒブワクチン・小児肺炎球菌・ロタウイルス・B型肝炎・四種混合 2回目

4か月の予防接種

ヒブワクチン・小児肺炎球菌・ロタウイルス・四種混合 3回目

5か月の予防接種

BCG接種

8か月の予防接種

B型肝炎 3回目

 

上記のワクチンの中でBCGとロタウイルスが生ワクチンです。

これらの予防接種を順調にこなすのは難しいため、計画をしっかりと立てて、同時接種を行って、予定通りに行うことが大切です。当院では、お生まれになった日付がわかると予防接種の予定が出来上がる仕組みを考えました。予防接種を希望されて来院された折に、予防接種漏れなどがないように、この仕組みを利用して予防接種予定をお母様とご一緒に立ててまいりましょう。

小児科(乳幼児)の予防接種(生後2ヶ月〜1歳まで)には費用助成はあるの?

「子どもの予防接種スケジュール」にある2か月から8か月のB型肝炎3回目までは無料です。
以前、任意接種だったロタウイルスは、現在は定期接種になっており、無料で接種できます。ロタウィルスワクチンには2回接種のものと3回接種のものがあり、どちらも定期接種の対象になリます。当院では、3回接種のもの(ロタテック)を推奨しております。途中から当院に接種施設を代わられて、ロタリックスの接種をすることもあります。

現時点では、子どもの定期接種でお金がかかるのは1歳で接種する「おたふくかぜ」だけです。

小児科(乳幼児)の予防接種(1歳〜3歳)にはどんなものがあるの?

「予防接種が必要な病気の説明」について詳しく見る>>>

 

1歳になったら早速、以下の予防接種が始まります。

1歳0か月の予防接種

MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)第1期(1回目)、水痘ワクチン(水ぼうそう)1回目、おたふくかぜワクチン(おたふくは任意接種。名古屋市の助成が受けられます)を接種します。これらはいずれも生ワクチンです。

1歳1か月の予防接種

ヒブワクチンの追加接種(4回目)、小児肺炎球菌の追加接種(4回目)を接種します。

1歳6か月の予防接種

水痘ワクチン 2回目、四種混合ワクチンの追加接種(4回目)を接種します。

ここまで済んだら、定期接種は3歳までありません。

小児科(乳幼児)インフエンザワクチン接種も忘れずに

1歳を過ぎたらインフエンザワクチンを接種しましょう。1歳を超えると母体からの移行抗体がなくなってきてインフルエンザウイルスにかかり易くなります。また3歳まではインフルエンザに罹患した場合重症化し易くなり危険です。現在のインフルエンザワクチンはインフルエンザに罹患した場合にも38.5度以上の発熱や重症化、合併症の発症を抑える効果があり、おすすめです。

小児科(乳幼児)の予防接種(3歳~小学入学まで)にはどんなものがあるの?

「予防接種が必要な病気の説明」について詳しく見る>>>

 

3歳0か月の予防接種

日本脳炎ワクチン 1回目。
日本脳炎ワクチンは2歳でも接種できますが、標準的接種は3歳からになっています。ですから、3歳になってからすぐの接種をお勧めしています。

3歳1か月の予防接種

日本脳炎ワクチン 2回目。

4歳1か月の予防接種

日本脳炎ワクチン 3回目(追加)接種を行います。

6歳の予防接種

MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン) 第2期(2回目)を接種します。
MRワクチン第2期は6歳になる学年の4月から3月末、つまり幼稚園の年長さんの年度に接種してください。お誕生日前でもその学年になれば接種出来ます。小学校に入る前に必ず接種をしておいてください。

小児科(乳幼児)予防接種のご相談・ご予約は、お気軽にお電話ください。
電話:052-823-4122