マスク着用と清潔環境作り|産婦人科小児科の伊藤しあわせクリニック

052-823-4122

マスク着用のお願い・院内の清潔環境作り

ホーム > マスク着用のお願い・院内の清潔環境作り

マスク着用のお願い及び院内の清潔環境作りのお知らせ

この度、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によりお亡くなりになられた方に哀悼の意を表するとともに、謹んで御遺族の方に心よりお悔やみ 申し上げます。

緊急事態宣言が出て不要不急の外出を控えるという事態になり、皆様も大変ご不便、ご心配のことと存じます。5末末まで延長されるようですが、収束まで皆で頑張りましょう。

当院ではインスタグラムでも紹介させていただきましたが、待合室の椅子の配置を変更し距離がとれるようにしました。

院内の消毒には「強酸性電解水」を使用しております。これは次亜塩素酸水の仲間です。これは劣化が早く、長持ちしないので作成後は早く使用する必要があります。当院では強酸性電解水を院内の発生装置で生成しています。当院では分娩を取り扱っている頃から、もう何十年間にわたり、この強酸性電解水を院内の清掃・消毒に使用しております。使用実績も十分に積み、何時間で失活するのかといったデータも積んで、使用法・管理法を確立しています。強酸性電解水は強力な作用があるものの食品添加物に指定されており、安全性も高いものです。今までは強酸性電解水を使用している事について特にお話ししてきませんでしたが、今回の新型コロナウイルス感染症で、アルコールが手に入りにくくなり俄かに脚光を浴びてきました。強酸性電解水は水(水道水)と食塩から電気分解で作成されます。電気分解ですから同時にアルカリ水も作成されます。アルカリ水は汚れや油分を落とすのに有効です。ですから、通常は強酸性電解水で十分な効果が得られますが、表面の汚れがひどい時には先にアルカリ水で油分やタンパク質を除去して、その後に強酸性電解水で消毒するようにしています。ちなみに採血時などの人体の消毒にはアルコールを使用しています。

新型コロナウイルス(ウイルスそのものはSARS-CoV-2と言います。)は色々新しいこともわかってきております。もっと色々わかって治療やワクチン開発に活かせるように希望しています。

新型コロナウイルスは発病する2日ほど前から感染力があるそうです。つまり、症状がなくても感染させることがあるということです。ですから、当院に来院される方にはマスク着用(布マスクで十分です)をお願いします。マスクを着用する事で、咳や会話による飛沫の飛散をかなり抑えることがわかっています。是非ともご協力をお願い申し上げます。自動車でお越しの方でご希望な方は車内で診察までお待ちいただく事にも柔軟に対応しております。残念ながら今の時点ではオンライン診療には対応していません。将来的には対応したいと考えています。

また当院に治療に来られる方は必要があって来院されるので「不要不急」の外出ではありません。予防接種での来院も「不要不急」ではありません。しかし、来院の頻度は少ない方が望ましいと思いますので、現在当院では投薬期間を延ばす対応を行なっています。それによって来院頻度が減り、感染の可能性も減ると考えております。

予防接種は基本的に罹患すると命に関わるような病気に対して行なっていますので、基本的にはスケジュール通りが望ましいです。特に1歳6ヶ月までの予防接種、ヒブワクチン4回、小児肺炎球菌ワクチン4回、B型肝炎ワクチン3回、四種混合ワクチン4回、ロタウイルスワクチン3回ないし2回、BCGワクチン、MRワクチン第1期、水痘(水ぼうそう)2回、おたふくかぜワクチン、といったワクチンが重要です。1歳6ヶ月までのワクチンが終わりましたら、季節性インフルエンザワクチンを除けば、その次は日本脳炎(標準的には3歳から)ですので、少し時間に余裕ができます。

今後も当院として可能な対策は色々行なって行く予定です。緊張感を持って対応していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

診療時間

受付時間 日祝
9:00~12:30 / /
12:30~13:30 / ●1 / / / / /
13:30~15:00 / ●2 / / / / /
16:00~18:30 / / /

1:予防接種受付時間(第一、第二、第三の火曜日) 午後 12:30〜13:30

2:発育診療受付時間(第一、第二、第三の火曜日) 午後 13:30〜15:30

伊藤しあわせクリニック

〒457-0027
愛知県名古屋市南区弥生町14
TEL 052-823-4122

診療曜日や時間は診療時間表をご参考ください

ページトップへ