名古屋の産婦人科小児科|伊藤しあわせクリニック

052-823-4122

診療案内

ホーム > 診療案内

緊急避妊

緊急避妊とは、避妊せずに性交渉をしてしまったときや、コンドームが破けるなどの避妊に失敗した場合に、妊娠を防止する方法です。モーニング・アフターピルとか性交後ピルなどとも呼ばれることもあります。日本語では「緊急避妊」という言い方が正式な名称となっています。

どういう時に緊急避妊を行う必要があるのでしょうか?

腟外射精の場合に外陰部へ射精した、コンドームが破れた・脱落してしまった・不適切な使用をした。その他、避妊をしない性交渉の後や、経口避妊薬(OC)の飲み忘れや下痢などによる吸収障害、レイプや性的暴行後といった場合です。ちなみにレイプや性的暴行後の場合は警察に届け出ると証拠採取から緊急避妊まで、指定された医療機関で行えます(警察官が連れて行ってくれます)。当院は残念ながらその医療機関ではありません。

どういう方法なのですか?(当院で行われる方法について)

「ノルレボ錠1.5mg」という薬剤を1回内服する方法(緊急避妊ピル)を行なっています。
無防備な性交が行われてから72時間以内に1錠を1回内服します。1回内服して終わりです。
ノルレボ錠は緊急避妊のためだけに用いられるホルモン剤です。
当院ではご本人にお越しいただいてご説明の上で医師の目の前で内服していただいています。8割程度妊娠を防ぐことができると言われています。
この薬は2011年から日本でも発売された薬で、産婦人科の医療機関で説明の上で処方されます(薬局で直接購入できる薬ではありません)。
ちなみに、それ以前はYuzpe(ヤッペ)法という中用量ピルを1回に2錠、その12時間時間後に同様に2錠の合計2回内服する方法が行われていました。中用量ピルを一度に2錠内服するので、吐き気や嘔吐が起こることがありました。そこまでいかなかったとしても気分が悪くなったりする人は結構居たように思います。気持ちが悪くなるのが嫌で2回目の内服をできなかったり、内服しなかったりする場合もありますので、効果が下がってしまうことがありました。

ノルレボ錠がなぜ避妊に対して効果があるのですか?

  1. 排卵を抑えたり遅らせたりすることが有力ではないかと考えられています。排卵前にノルレボを内服することによってその後の排卵が5~7日間抑えられて、その間に女性の性器内に侵入しているすべての精子が受精能力を失う事になるだろうという訳です。実は妊娠の仕組みが完全に解明されているわけではないので、その他の作用もあるかもしれません。
  2. 受精を妨げる。これは上記のように排卵のタイミングを遅らせることが主な要因です。
  3. 子宮への受精卵の着書を阻止する。これは、ノルレボ錠が子宮内膜のコンディションを変化させることで、着床をしづらくするということです。

妊娠は受精卵が子宮内膜に着床することで成立するので、その前の段階で妊娠を防ごうという取り組みが緊急避妊なのです。

内服後、次の生理(月経)はいつ来るのでしょうか?

「ノルレボ錠」を月経周期の中のどの時期に内服したのかによって、次の生理が来る時期は異なります。早い人は数日後から、遅い人で2週間ほどです。当院では「ノルレボ錠」を内服したら3週間後を目安に来院していただいています。その時点での性器出血(生理)の具合をお聞きして必要な検査や、今後の避妊法についてご指導しています。

次回の月経について説明のために追加してお話しします。

ちょっと話がそれますが、月経周期(月経の始まった日から次の月経が始まる前の日まで)は28日というのが基本です。正常周期の人でも前後1週間程度のズレは普通に起こり得るのであまり厳密に気にする必要はありません。
基本の28日周期の場合、排卵前が14日間で、排卵後が14日間です。これよりもう少し月経周期が長い人の場合は排卵前の日数が伸びて排卵後の日数は14日間と変わりません。
さて、「ノルレボ錠」を内服する必要が生じた場合を考えてみましょう。
排卵日に問題の性交渉があったと仮定すると(これが最も妊娠リスクが高い場合ということになります)、適切にノルレボ錠が内服できたとして、次回の月経は14日後に来るはずということになります。予定の月経が1週間遅れても来ない時は妊娠の可能性があります。
なぜ、最も妊娠のリスクが高い場合の例を出したのかというと、今まで順調に月経があった人でも、今回だけ排卵時期がずれていて今回問題になった性交渉の時に排卵してしまったということも有り得るからです。ですから最悪の場合を想定しながら処方・ご指導するということになります。
その後次回の月経らしい時期に性器出血があっても、「いつもよりも出血量が少ない」とか「なんかいつもと違う」という場合には切迫流産や、子宮外妊娠などの異常妊娠の可能性も考えねばなりません。この場合も必ず受診してください。

「ノルレボ錠」を内服したら、その後の性交渉は安心なのでしょうか?

「ノルレボ錠」はあくまで「事後処理」です。「ノルレボ飲んだから今日は大丈夫」ということではありません。お間違えのないようにお願いいたします。もしノルレボ錠を内服した後に無防備な性交渉があったら、再びノルレボ錠を内服する必要があります。ノルレボ錠を同じ周期に何度も内服することがあったら妊娠の確率は加速度的に上昇するので、こうした事態は避けねばなりません。通常の場合は次回の月経がくるまで「禁欲」(性交渉自体が無い事)をお勧めしています。コンドームは破れる可能性があるので性交渉が無い事が一番確実です。もしも次回月経まで、性交渉が我慢できないという場合はノルレボ錠内服の翌日から低用量ピルを内服するという方法もありますので、ご相談ください。(低用量ピルは別料金です)

費用はいくらかかるのでしょうか?

緊急避妊は健康保険の適応はなく、自費診療になります。費用は15,000円と消費税(8%の場合)で合計16,200円になります。

今後の避妊はどうしたら良いでしょうか?

無事に月経がきた場合には、ひとまず安心なのですが、そこで忘れてしまうとまた同じことをしなくてはならない場面が生じてしまいます。今回の緊急避妊の経験を踏まえてご自身の人生設計も考えて確実な避妊法を行う必要があります。最も良いのは低用量ピルだと思います。内服後の月経についての項目でも書きましたが、3週間後の来院の時点で今後の避妊についてご相談、ご指導させていただいております。その3週間の間にご自身の避妊、ひいてはライフスタイルもお考えになり、ぜひ3週間後の来院の折に疑問点をご質問ください。

診療時間

受付時間 日祝
9:00~12:30 / /
16:00~18:30 / / /

ページトップへ